大阪 法善寺浅草|すっぽん・鱧・ふぐなど旬の和割烹料理

もみじ
電話番号
詳細はこちら
お問い合わせ
  • 浅草のこだわり
  • てっちり
  • すっぽん
  • 鯛・はも料理
  • 会席
  • 店内紹介
TOP > 浅草のこだわり

浅草のこだわり

浅草のこだわりは「目利き・技術・大きさ(量)」です。看板料理である「ふぐ」についても1.5kg以上の大きく肥ったふぐを使用しています。そのため「ふぐ」が痩せてくる4月〜9月の期間は販売を中止し、ふぐをお出しする期間を限らせて頂いております。そして、長年培ってきた技術から「ふぐ」をより食べやすく、より美味しい状態で提供できるよう仕込をしています。そして、「ふぐ」は「福」に例えらる縁起物です。そのふぐを味・量ともに十分ご満足いただけるコース内容にしております。是非、「浅草」のこだわりをご賞味くださいませ。

創業70余年を数える『法善寺 浅草』

『浅草』の名前の由来、それは初代当主・辻秀楠が新世界で料亭開いた頃にまでさかのぼります。『浅草』は創業昭和12年(1937年)、この屋号はその頃の新世界の雰囲気が店主のこよなく憧れていた気さくで活気の溢れる東京・浅草の町に似ていることからこの名が名付けられました。そして昭和22年(1947年)に法善寺へと移り、現在に至っております。

こだわりぬいた料理

てっちりををはじめ、すっぽん、鯛・はも、一品料理、旬の料理をご提供しております。また、お料理とよく合う日本酒や焼酎にもこだわり、数多く取り揃えておりますので、多くのお客様に満足して頂いております。

秘伝の手作りポン酢

秘伝の手作りポン酢

『浅草』の自慢の一つにポン酢があります。
これは、徳島産の「ゆこう」(すだちと橙の掛け合わせ)を丁寧に手絞りして作った手作りのポン酢です。
調合は今でも女将が担当して伝統ある「浅草の味」を守り続けております。
素材にも作り方にもこだわって作られたポン酢ですので、一味違った風味と香りをご堪能頂けます。

このページのトップへ
電話番号
詳細はこちら
外観写真
Copyright © 大阪 ふぐ・すっぽんを楽しめる和割烹|法善寺浅草 All rights reserved.